初心者でもわかる金利相当額と配当相当額について

投資をこれから始められる入門者の方へクリック株365について話をしていきたいと思います。
くりっく株365とは、日本で初めて公的取引所である東京金融取引所にて差金決済型のCFD=株価指数証拠金取引が行われている金融商品です。

くりっく株365の最大のメリットは金融業者へ取引のための証拠金(担保)は法律により全額を東京証券取引所に預託しなければなりません。
そのため、万が一取引を行っているFX業者が破たんした場合でも預託された証拠金は原則としてゼ縁覚が保護されます。

このくりっく株365は投資に縁のない方でもテレビなどのニュースにて耳にしたことがあると思われる“日経平均株価”=日経225の事で、日経平均株価は日本経済新聞社が算出している東京証券取引所にて1部上場している日本の代表的な企業の銘柄225銘柄の平均値の事を言います。
取引に期限が無いため、自分が買いだと思うポイントや売りだと思う自由なタイミングで売買を行うことが出来ます。
建玉(たてぎょく=購入したものがまだ未決済の状態になっているものを言います)を持ち続けている事で金利相当額や配当相当額の受払が発生してきます。

くりっく株365の日経225先物では金利相当額と、配当相当額を買い手と売り手の間で日々やり取りを行うことで日々の利益を個人投資家は確定する事が出来ますし、日経平均株価に近い価格での売買を行うことが出来ます。

金利相当額とは、取引終了時点の売り建玉では受取り、買い建玉の場合には支払いを行うことになります。
建玉1枚当たりの金利相当額は『 (生産価格”×100)×日銀政策金利×(日数÷365) 』※小数点以下は切り捨て
という計算方式によって算出されます。

配当相当額については株価指数の保有している株が権利付最終日と同じ取引日の取引終了時点で売建玉には支払いが発生し、買建玉には受け取りが発生します。
ただし、DAX®に関しては配当金の支払いを含めて指数を割り出して生産を行っているため、DAX®証拠金取引では配当相当額は発生しません。

くりっく株365での金利相当額と配当相当額はこのような仕組みになっております。


Leave a Reply