インデックス投資の特徴とは。

インデックス投資とは、市場平均と同じ動きをする運用を目指すという金融商品(投資信託)の一種です。
市場平均というとピンと来ないと思います。
ですが、「日経平均株価」、「東証株価指数(TOPIX)」と聞くと、ピンときませんか?
そう、インデックス投資における市場平均とは、株価指数のことを指します。

特徴としては、投資信託の購入時・保有時にかかる手数料が他商品と比べて低いということ。
同じ投資をするのであれば手数料がかかりにくいものを選びたい、という方にも人気の投資となっています。

また、インデックス投資のメリットとして挙げられることが多いのが、”銘柄選びの手間が減る”という点。
株式投資や投資信託を経験したことがある方はご存知だと思うのですが、何千種類もある銘柄の中から利益が期待できる投資先を見つかねなければなりません。
時間とコツがある方にとってはそれほどの労力はかからないかもしれませんが、初心者にとってはかなりのハードルの高さではないでしょうか。
一方でインデックス投資は株価指数の平均を狙っていくというシンプルな商品となりますので、投資先を選ぶ面倒さが省略できるのです。

また、インデックス投資はさまざまな投資先が商品化しています。
・日本株式
・日本債券
・外国株式
・外国債券
などがあり、好みの投資先を分析して選べることも魅力です。


Leave a Reply