くりっく株365で稼ぐなら入門としてテクニカル分析を学ぼう

今は一般の人も資産運用を考える時代です。
銀行預金がタンス預金並みに増えていかないとなると、多少のリスクは負ったとしても、増えていく方がいいと考える人が増えてきたようです。

投資と言えばやはり株、というイメージが強いですが、株式投資となると常に動向を見ている必要があるし、取引時間が限られているため、昼間仕事を持っている人には到底無理な話でした。

しかし、今注目されているくりっく株365はそんなサラリーマンの救世主なのです。
そもそもくりっく株365とは、という話になるのですが、これはCFD取引の中の金融商品の1つです。
CFDというのは、差金決済という意味の英語の頭文字を取ったものです。
差金決済なので、実際に現物のやり取りをすることはありません。

そしてCFDの中にも店頭と取引所の2種類があるのですが、そのうちの東京金融取引所に上場されている取引所CFD、それがくりっく株365なのです。

このメリットは何と言ってもほぼ24時間の取引が可能なものがある、ということに尽きるでしょう。
日経225がそれになります。

取引時間が長いということは、誰もがトライしてみることができるのです。
サラリーマンも主婦も学生も誰でも気軽にやってみることができます。
ですが絶対に誰もが簡単に稼げるわけではありません。
やはり知識が必要となります。

そこで入門編としてお勧めなのがテクニカル分析です。
これは、今の市場の株価の動向を見つつ、ここからどうなっていくかを予想するという分析方法となります。
簡単に言えば、いつ売ったらいいのか、いつ買ったらいいのかのここぞ、というタイミングを探すための方法なんですね。

これについては店頭にも多くの書籍が並んでいるので、ちょっと興味を持てばすぐに目に入って来る言葉です。
入門編も上級編も多々あると思います。
この分析自体が、統計学に基づいたものになっているため、結構効果的なのです。

ゆっくり本を買いに行く暇もないな、という方はぜひネットでブログをチェックしてみてください。
参考になるものが多々あります。
くりっく株365やテクニカル分析について書籍よりも詳しく書いているかも、と思われるサイトを見つけることも可能です。


初心者でもわかる金利相当額と配当相当額について

投資をこれから始められる入門者の方へクリック株365について話をしていきたいと思います。
くりっく株365とは、日本で初めて公的取引所である東京金融取引所にて差金決済型のCFD=株価指数証拠金取引が行われている金融商品です。

くりっく株365の最大のメリットは金融業者へ取引のための証拠金(担保)は法律により全額を東京証券取引所に預託しなければなりません。
そのため、万が一取引を行っているFX業者が破たんした場合でも預託された証拠金は原則としてゼ縁覚が保護されます。

このくりっく株365は投資に縁のない方でもテレビなどのニュースにて耳にしたことがあると思われる“日経平均株価”=日経225の事で、日経平均株価は日本経済新聞社が算出している東京証券取引所にて1部上場している日本の代表的な企業の銘柄225銘柄の平均値の事を言います。
取引に期限が無いため、自分が買いだと思うポイントや売りだと思う自由なタイミングで売買を行うことが出来ます。
建玉(たてぎょく=購入したものがまだ未決済の状態になっているものを言います)を持ち続けている事で金利相当額や配当相当額の受払が発生してきます。

くりっく株365の日経225先物では金利相当額と、配当相当額を買い手と売り手の間で日々やり取りを行うことで日々の利益を個人投資家は確定する事が出来ますし、日経平均株価に近い価格での売買を行うことが出来ます。

金利相当額とは、取引終了時点の売り建玉では受取り、買い建玉の場合には支払いを行うことになります。
建玉1枚当たりの金利相当額は『 (生産価格”×100)×日銀政策金利×(日数÷365) 』※小数点以下は切り捨て
という計算方式によって算出されます。

配当相当額については株価指数の保有している株が権利付最終日と同じ取引日の取引終了時点で売建玉には支払いが発生し、買建玉には受け取りが発生します。
ただし、DAX®に関しては配当金の支払いを含めて指数を割り出して生産を行っているため、DAX®証拠金取引では配当相当額は発生しません。

くりっく株365での金利相当額と配当相当額はこのような仕組みになっております。


金融政策の転換期こそおススメなのがくりっく株365

資産運用の一つとして投資を始めたい、と思いながらもこれから杯める人にとってはそれもこれもがとても難しく、思った様に投資を始める事が出来ないと思われている方もいらっしゃることと思います。
今回はそんな投資初心者の方に向けてくりっく株365の仕組みについて話をしていきたいと思います。

くりっく株365はContract For Difference=差金取引決済の一つで、取引を行った際に全額をやり取りするのではなく、売買時に生じた差額のみのやり取りを行う決済方法で、FXもCFDの一つです。
このCFDには東京金融取引所で行われる取引所CFDで、東京金融取引所がCFDを取り扱うまでに、実は店頭CFDが徐々に普及をしていました。
現在では取引所CFDは日本で初めての公認取引所として認識されており、それ以外で取引を行っているCFDの事を店頭CFDと呼ぶようになりました。

ゼロ金利政策に踏み切ってもなかなか景気が回復しない現在の日本の経済を活発化させようと、ゼロ金利政策から更にマイナス金利政策に日銀が踏み切った事によって、投資のプロ中にもクリック株を勧める人はとても多く、インデックス投資(指数取引の事を言います)がこれらの金融政策の転換期には有利な取引を行う事が出来ると言われています。

くりっく株365のメリットはほぼ24時間の取引が出来る事から、個人投資家デビューを果たす本業のプロでは無い一般投資家にとっては仕事や家庭などのライフスタイルを考慮しても扱いやすい投資だと言われています。
更に魅力としてよく言われているのが、売りからの取引スタートを行う事が出来る点です。
投資とは安く買って高く売るという基本が成り立っていますが、相場の流れを見なが買いからスタートするだけではなく、株価が下がると予想できた時点で売りを行い、立てた予想通りに株価が下がった時に買い戻す事で売買価格の差益を得る事が出来るようになります。

くりっく株365の魅力は自由度の高い取引が行えるため、相場によっては買いからと売りからのどちらからでも取引を行えるというところが他の金融商品と大きく異なる最大の魅力でしょう。


くりっく株365の金利相当額、配当相当額。

くりっく株365(取引所株価指数証拠金取引)をしていて、金利相当額や配当相当額というワードにつまづく初心者投資家の方が非常に多いことが、インターネットの質問サイトなどを読んでいても目立ちます。
確かに説明サイトを見ても意味が分かりにくいものが多く、イメージしにくいと言えるのではないでしょうか。
そこで、分かりやすくまとめてみましたので、以下をご覧ください。

●金利相当額
くりっく株365の、
・買建玉を持っている場合に投資家が支払う
・売建玉を持っている場合に投資家が受け取る
金利のことです。
買い手にとって株価指数を構成する銘柄を保有することによって伴う資金調達コストとなります。
売り手にとって株価指数を構成する銘柄を売却することによって伴う資金運用額となります。

金利相当額の算出は方程式があり、
(清算期間×100×日銀政策金利×日数)÷365
です。
日銀政策金利に関しては、一定の幅があるときは平均値を使用するとのことでした。

●配当相当額
くりっく株365の場合、買建玉を保有していると株価指数の構成銘柄に配当があるとそのたびに株価指数ベースでの配当相当額が付与されるという仕組みです。
売建玉を保有している場合は逆に同額を支払わなければなりません。


海外投資を始めたいなら海外金融の特徴を知ろう

資産運用のために大切なお金を何に投資するか慎重になるはずです。将来のために資産を増やすことを目的に始めようとしているのに、資産が減る一方では大惨事ですからね。国内はもちろんのこと、海外投資に興味を持つ方も増えているそうです。海外の金融商品にはどんなものがあるのか、海外投資や海外の金融機関の特徴などを予め知ってから始めるといいでしょうね。

世界に目を向けて投資の幅を広げるという意味で、海外金融機関を利用して投資する際には、資金に余裕がある場合がオススメなのだそうです。短期で売買するにはコスト面がマイナスなので、長期で投資することがお勧めされているのはそのためなのかもしれませんね。目標額まで増やすことができたら海外旅行に出かけるとか、「なぜ海外投資をしたいのか」という明確な目的を持つことも大切です。

また、海外金融機関において外資預金をする場合は、金利が最も高いところがどこなのか事前調査も大事です。資産に余裕がある分で運用すると言っても大事な資産に変わりはないのですから、金利の件だけでなく、例えばアメリカ証券会社には日本人が口座開設可能、不可能と違いがあるのはどうしてなのか、などの疑問も解決しておくことをお勧めします。ちなみに日本人の口座開設が不可能な業者の理由として、日本の法令に抵触してしまう可能性が捨て切れないからというものがありました。


インデックス投資の特徴とは。

インデックス投資とは、市場平均と同じ動きをする運用を目指すという金融商品(投資信託)の一種です。
市場平均というとピンと来ないと思います。
ですが、「日経平均株価」、「東証株価指数(TOPIX)」と聞くと、ピンときませんか?
そう、インデックス投資における市場平均とは、株価指数のことを指します。

特徴としては、投資信託の購入時・保有時にかかる手数料が他商品と比べて低いということ。
同じ投資をするのであれば手数料がかかりにくいものを選びたい、という方にも人気の投資となっています。

また、インデックス投資のメリットとして挙げられることが多いのが、”銘柄選びの手間が減る”という点。
株式投資や投資信託を経験したことがある方はご存知だと思うのですが、何千種類もある銘柄の中から利益が期待できる投資先を見つかねなければなりません。
時間とコツがある方にとってはそれほどの労力はかからないかもしれませんが、初心者にとってはかなりのハードルの高さではないでしょうか。
一方でインデックス投資は株価指数の平均を狙っていくというシンプルな商品となりますので、投資先を選ぶ面倒さが省略できるのです。

また、インデックス投資はさまざまな投資先が商品化しています。
・日本株式
・日本債券
・外国株式
・外国債券
などがあり、好みの投資先を分析して選べることも魅力です。


CFD初心者におすすめのサイト。

今、新たな資産運用としておすすめしたい投資のひとつに、「CFD」と呼ばれるものがあります。
差金決済取引というもので、投資家の間でも今後大きく人気に火が付くと予想されているのだとか。

そんなCFD取引のことを一から勉強してみたいという方に、『cfd-qa.com』というサイトをご紹介させてください。
こちらはCFDのQAサイトとなっておりまして、初心者ならではの疑問や気になることをまとめて記載してくれており、さらにきちんと回答もつけてあるという情報サイトになります。
CFDのことが全く分からないという方にこそおすすめと言えるかもしれません。
ちなみに私の知人はこのサイトでCFDの基礎を学び、今や副業レベルとは言えないぐらいの利益をあげているのだそう。

初心者の方が特に気になる疑問として、
・取引時間
・取引量
・少額投資ができるか
・損失が膨らんだ時のリスク
・調整額の詳細
などがあると思います。
もちろん、こちらのサイトには分かりやすい言葉で説明してくれているので、きっと疑問が解決するでしょう。

このサイトを作成している方は女性ということなので、女性トレーダーを目指している方にとっても参考になればうれしいです。
ぜひ一度サイトにアクセスしてみてください。


日経225miniの口座開設について。

日経平均株価の動きを予測して取引をする日経225先物取引という金融商品があります。
システムがシンプルなこともあり、投資初心者に方にも非常に人気なんだそう。
ただし必要証拠金(元手)が最低でも数百万円必要になるということもあり、なかなか初めての方には敷居が高いイメージかもしれません。
でも日経225先物取引自体には非常に興味がある、そんな方におすすめしたいのが、「日経225mini」と呼ばれるものです。

こちらはシステムは日経225先物取引と同じでありながら、取引単位が日経225の10分の1で良いという非常にありがたいサービス!
さらに一枚当たりの手数料も50円ということもあり、特に個人投資家の多くは取引をしているという情報もあります。
利益自体も少ないと感じるかもしれませんが、ローリスクローリターンということで投資自体の経験を積みたい方にもおすすめと言えるでしょう。

日経225miniを始めるにあたって、証券会社にて「先物・オプション取引口座」というものを開設しなければなりません。
口座開設のための費用は必要ない一方で、口座開設基準がどの証券会社にも定められており、その条件を満たす必要があります。
ただし証券会社によって異なるため、一方でNGだったとしても他方でOKとなるケースも。

取引口座開設にかかる所要日数は、だいたい1週間程度。
審査を通過すれば、晴れて口座開設の運びとなります。


差金決済取引の取引時間について。

証拠金を業者に預託して取引を行う金融商品に、差金決済取引があります。
CFDという名称が一般的なので、そちらをご存知の方も多いでしょう。

実は、CFDの中でも取引所取引と呼ばれる取引に関しては、取引時間に非常に魅力的なシステムがあることが分かりました!
それは、「ほぼ24時間取引ができる」ということ。
もちろん日本の祝日でも取引可能、さらに決済期日がありません。
日本の株式市場や先物取引の市場が開いていない夜間の時間帯であっても、海外の市場はオープンしています。
そちらの主要な株式市場の動向を逐一チェックすることができるので、リアルタイムの取引ができるということですね。

このシステムにより、日中お仕事をしている方は自宅に帰ってから就寝前まで取引ができますし、夜型生活の方にとってもピッタリと言えるのではないでしょうか。
世界の時差をうまく利用したこのシステムは、CFDの最大の魅力だという方も少なくありません。

ただし、取扱業者によって取引することができる国の数が決まっているようです。
とある取引業者の場合、
・日本
・ドイツ
・イギリス
のみとなっていました。
もし国外の通貨や株価などの購入を検討している方はこちらもじゅうぶんに考慮する必要がありますね。